今や世界的ブランドに成長したユニクロ

土日祝日である週末にもなると、ユニクロの店舗にはたくさんのヒトが詰めかけるのがもはや日本のよくある風景になっています。

そのブランド戦略は人々の購買意欲に火を付けたちまち爆発的人気ファッションブランドにのし上がりました。
そのトップである柳井さんは岡山県のジーンズ会社の父親のもとに生まれたとのことですが、まさかここまでの規模の会社を一代にして築き上げるとは周囲の方々も思ってもなかったのではないかと思います。
私のイメージは世にフリース素材というものを送り出したことがユニクロの最大の功績だったように感じます。
一昔前の冬物アウターといえば、素材が分厚かったり、野暮ったかったり、重苦しく、着心地が良くないといったイメージでした。それを180度転換したのがまさに魔法のような画期的なフリース素材だったのです。
ファッションによってヒトは自由になり、今やヒートテックや極暖といったもの、エアリズムといった快適素材のもの、さまざまな機能性ファッションアイテムのラインナップが取り揃えられているのもすばらしいです。